大切にしよう

歯の矯正模型

我慢できない歯の痛みは歯科へ行く

多くの人が経験をしたことのある歯の痛みですが、それは非常に我慢のできないものであります。 一度歯が痛みだしますと、一日中その痛みから逃れられないのです。 歯の痛みというのは我慢しておくことができませんから、痛みどめを飲んで処置をしておきますがその効き目も長くは続きません。 そんな痛みの主な原因は虫歯であったり、親知らずということがほとんどです。 それぞれに共通しているのが、ズキンとくる苦痛を伴う痛みであるわけです。 虫歯は歯を不衛生にしていたり甘い物の食べ過ぎで起こるのですが、親知らずというのはある日突然できているのに気づくのです。 それを気付くきっかけとなるのが、歯の痛みであるわけです。 そのような痛みを伴ったときは、歯科へ行くことが賢明です。

自分の歯をいつまでも大切にする

虫歯にはステージがありまして初期の段階であれば治療も早くすむのですが、痛みがあってわかっていても歯科へ行かない場合などは治るのにも時間がかかるようになります。 一方親知らずということになりますと、その歯は本来関係のない場所にできていらないわけですから抜く必要があります。 親知らずを自分で抜くという人もいますが、それは普通怖くてできることではありません。 ですからそのような症状が現れた時には、早目に歯科へ行くことが大切なのです。 歯科を好んでいく人はあまりいませんが、歯という場所は体の中でとても大切な部分でありますから無視しておくわけにはいきません。 歯の大切さを気付くのは、歯を失ったときに初めてわかるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加